銀座の歯科医 審美歯科、矯正歯科、ホワイトニングの大山歯科クリニック

医療法人社団綴理会 大山歯科クリニック

お電話でのお問い合わせ・ご予約:03-3545-7811

初めて受診される方:ホームページから初診予約

欽ちゃんはヤッパリすごかった!

おもてなしの街、銀座でロハスな歯科を目指す!

大山歯科クリニック 院長より

酷暑が続いておりますが、私達の夏休みも終わり、本日よりまた気合を入れてスタッフ一同、診療いたします。どうぞよろしくお願いいたします。

休み中に色々と興味を引く記事はありましたが、なんといっても昨日の

”24時間テレビ 愛は地球を救う” で、この酷暑の中 70kmを走りきった 欽ちゃん はすごかった。

この日は銀座5丁目の日産ギャラリーでも募金活動をしていました。過去最高の募金額となったとのことです。

炎天下のもと、ふらふらで限界を恐らく通り越しているであろう状態にもかかわらず、沿道の応援するファンの方々へ、ハイタッチをし続ける。

TVを見ている私は、 ”そんなことしなくていいから、走るのに専念してくれ!” と小声でひとり言を叫ぶ。

所々でみなの期待する ”欽ちゃん走り” も見せながら、

満身創痍で涙のゴール。

と思いきや、周囲の涙はよそに、欽ちゃんはいたって冷静。あっけないくらい。

歴代の24時間マラソンのランナーは、さすがに疲れているので、用意された椅子にドカッと座ってゴールのインタビューを受けているのが私のいつものイメージでした。

しかし欽ちゃんは最初少し座っていましたが、すくっと立って、びっとしてインタビューを受けていました。

とにかく終始、今までのランナーとは欽ちゃんは一味違いました。

恐らく欽ちゃんの目的は、 ”70キロメートルを走りきること” ではなく、 ”一人の人間として見ている人にメッセージを送る” ということだったのではないでしょうか。

その欽ちゃんの贈りたかったメッセージをどのように受け取るかは、見る人それぞれだと思いますが、私は ”プロのど根性” を感じました。

メディアで生きてきた人間の ”ど根性” です。

カメラが向けられている状態ではどんなときでも、大将であり、タレント、コメディアンなのです。

極限状態であれだけの平常心が保てる精神力と ”プロ根性” は、学ばなくてはと思いました。

我々も歯科のプロです。どんなときでも最高のパフォーマンスを出せるように、精神力を鍛えていかなければなりません。

夏休みの締めくくりとして、昨日は十二分に、 ”欽ドン” 、 ”欽どこ” を久しぶりに見せていただきました。

欽ちゃんありがとう。

さあ、またがんばるぞー