銀座の歯科医 審美歯科、矯正歯科、ホワイトニングの大山歯科クリニック

医療法人社団綴理会 大山歯科クリニック

お電話でのお問い合わせ・ご予約:03-3545-7811

初めて受診される方:ホームページから初診予約

第13回 ツール・ド・草津 参戦!

目指せ! 8020!

銀座 大山歯科クリニック 院長より

”ツール・ド・草津 参戦!” と言うと格好はいいですが、僕の場合ただ ”参加” と言ったほうがよいかもしれません。

昨年歯科医師会の友人に誘われ、面白そうなのでとにかく出てみよう! と言うことで、家内のマウンテンバイク借りて(私のマウンテンバイクは20年前のクロモリフレームで、非常に重く古かった)初参加しました。

今年は自転車も新調し(トレックのロードレーサーを一ヶ月ほど前に購入)、気合を入れて参戦! のはずが・・・

買ってすぐ、慣れないビンディングペダル のおかげで転倒、左ひざを捻挫し、それ以来まったく自転車に乗れず、レース前日に約一ヶ月ぶりにバイクへ乗るといった有様となりました。

調整も、準備もまったく整わず、まさにぶっつけ本番。自分の今までの人生いつもこんな感じで何も進歩がない・・・。

レースには出ないで、家族で楽しく普通の温泉旅行をするといった選択肢もありましたが、子どもの教育上頑張るパパを見せねばと言うことで、妻の反対を押し切り出走となりました。

約1800名の参加だったようです。すごい数でした。

このレースは、 白根山のほぼ頂上まで上っていく(18キロ) ヒルクライムレース です。

とにかくひたすら坂道を登っていく自虐的な?レースといえるかもしれません。

天狗山レストハウスからスタートし、草津の温泉街を一周したあと、レストハウスに戻りタイムの計測が始まります。なんといっても完走そして欲を出せばタイムは一時間をきることが目標でした。膝の調子は思った以上に良かったので最初はいいペースだったのですが、まったく練習していなかったために、最後の4キロ付近からまったく足が出てこなくなり失速。

結果は一時間をぎりぎり切れませんでした。残念・・・ しかし昨年より5分以上タイムを縮めました。これもバイクのおかげか。

順位はロードレーサーの部で真ん中ぐらいでした。

久しぶりの限界ぎりぎりまで体を使った充実感はやはり最高です。

 

途中硫黄の香りを胸一杯に吸い込みながら上ります。健康には?

ゴールの山頂付近はとにかく寒い。こんな格好(半そで、短パン)で雪の中にいることはめったにないでしょう。こうやってみるとものすごい違和感ですね。

白根山レストハウスでココアを頂いた後、下山します。

時速60キロ程度出る場所もあり、 ”これでパンクでもしたら死んじゃうなー” 

”でもよくこんな坂道登ってきたなー” と自分でも感心してしまうほど下りが長く感じられます。

下りは寒いのでゴールで着替えます。

今年の目標の一つに、月に一回は体をフルに使ったイベントに参加することがあります。

来月は、毎年恒例の EKIDENカーニバルがあります。これは京橋歯科医師会のアスリートクラブでチームを組み(4人一組、3チームが出ます) 出場します。 駅伝ですから ”たすき” を次の人に渡さなければならないので、自分のペース以上に頑張ってしまう傾向があります。走るのは自転車よりも膝に負担が大きいので、上手く調整し楽しいレースができればと思っています。