銀座の歯科医 審美歯科、矯正歯科、ホワイトニングの大山歯科クリニック

医療法人社団綴理会 大山歯科クリニック

お電話でのお問い合わせ・ご予約:03-3545-7811

初めて受診される方:ホームページから初診予約

CAD/CAM の講習会に行ってきました!

おもてなしの街、銀座でロハスな歯科を目指す!

大山歯科クリニック 院長より

 今日は診療後に、当クリニックの篠原先生と 歯科用の CAD/CAM 機器である、CEREC3D の講習会に行ってきました。

歯科用 CAD/CAM 機器とは何ぞや。

CAD/CAM とは、 Computer Aided Design / Computer Aided Manufacturing の略です。

簡単に言えば、 コンピュータにより、設計そして製作を支援する 機器 ということになります。

通常の場合、

むし歯をとって、詰め物、かぶせ物を作るときには、粘土のようなものをお口の中に入れて型を取りますよね。そして、何日かしたら詰め物、かぶせ物が出来上がってきます。

 

CAD/CAM 機器を利用すると、

型どりはカメラで行い、それをデータ化して器械が精度良くセラミックのブロックを切削して、その日、その場で、詰め物、かぶせ物が出来上がります。 

これが、カメラです。お口の中にストレスなく入る大きさです。

このカメラで歯の写真を撮影し、データを処理していきます。 

 

 

 

次に、そのデータを元に、かぶせ物の辺縁の位置を決定し、かみ合わせも指定して、この様にコンピューター上でデザインしていきます。

ここが見せ場のCAMです。

器械が自動で、二本のダイヤモンドのバーを巧みに動かし、詰め物、かぶせ物を作っていきます。

カメラでの型どりから、詰め物の完成まで 約30分です。

 

 残念ながら、出来上がりの写真がありません。

講演終了後、演者との話が弾んでしまい、とり忘れてしまいました・・・・・・・

むし歯を治療した、その日に詰め物やかぶせ物が入ったらいいですよね。

しかもセラミックスのきれいで丈夫なものが。

10年以上も前から、この器械はあったのですが、バージョンアップを重ねやっと満足するところまで進化してきました。

これは、患者さんが喜ぶ、素晴らしいサービスとなると確信しました。

今後、リサーチを重ね、導入も考えていきたいと思っています。