銀座の歯科医 審美歯科、矯正歯科、ホワイトニングの大山歯科クリニック

医療法人社団綴理会 大山歯科クリニック

お電話でのお問い合わせ・ご予約:03-3545-7811

初めて受診される方:ホームページから初診予約

ISO について考える

おもてなしの街、銀座でロハスな歯科を目指す!

大山歯科クリニック 院長より

DE  The Journal of Dental Engineering の編集協力委員として、また締め切りが近づいてきました。

今回のメインテーマは、 ”変化しているISO-ISOと臨床” です。

ISOとは皆さんご存知かと思いますが、 International Organization for Standardization の略で、国際標準化機構のことです。

いうならば、日本における JIS規格(日本工業規格)の国際版といったところでしょうか。

最も身近なものでは、カメラフィルムの感度 ISO100や400などではないでしょうか。

歯科の材料や、器械にもISO規格があり、 ISO/TC106 (歯科技術専門委員会)が統括しています。

材料の物性評価には、統一性をもたせるために規格試験を行います。

私も、大学院時代様々な材料で、規格試験を行ってきました。しかしその試験法が、必ずしも臨床で使用する条件には当ては待っておらず、こんな試験をして何の意味があるのだろう・・・ と思うこともありました。

最近では、規格試験として ”Clinically relevant test method” 「臨床的に妥当な試験方法」 が提唱されているそうです。

当たり前とも言えることですが、臨床で使用する条件は非常に多くの要素が絡み大変複雑です。臨床をそのまま再現する試験を行うことは、正直無理な話です。しかしなんとか各条件を細分化、そしてうまく単純化し、再現性を持たせた試験を開発するのに、各国の研究者が知恵を絞っているのです。

適切な試験法を開発した国が、その材料規格の主導権を握って行くので、大学、企業問わず国単位でまとまらなければなりません。

日本の標準が、世界の標準になれば、私達歯科医にとってもやりやすいですし、とてもうれしいことです。

是非がんばってもらいたいと思います。