銀座の歯科医 審美歯科、矯正歯科、ホワイトニングの大山歯科クリニック

医療法人社団綴理会 大山歯科クリニック

お電話でのお問い合わせ・ご予約:03-3545-7811

初めて受診される方:ホームページから初診予約

歯周病

早期発見・早期治療、そしてメインテナンス。

現在、成人の約8割の人が歯周病にかかっていると言われています。
そして、30歳以上の人の大半が、虫歯ではなく歯周病が原因で歯を失う事が分かっています。
歯周病の初期は、症状もわかりづらく、自分の口の中のことですら気づかない事もあります。
進行するにつれ、知覚に訴える様々な症状が繰り返し起こってきます。
そうならないために大切なことが、早期発見・早期治療、そして、メインテナンスです。
一番怖いのは、歯周病であることを軽視して放置しておくことです。
早めに治療を受けることで、治ることもあります。

歯周病の原因

歯周病の一番の原因は、歯垢(プラーク)です。
歯や歯ぐきの周りにベタベタと付いている白いものです。
これはバイ菌のかたまりで、虫歯菌や歯周病菌をはじめとするさまざまな微生物がかたまったものです。
プラーク1mgの中には、1億個の微生物がいるともいわれています。
このような細菌の集合体を「バイオフィルム」と言い、これらはネバネバした分泌物で守られているため、抗生物質や殺菌剤なども効きにくくなります。
そのため、バイオフィルムの中の歯周病細菌が活発になると、歯周病が発症したり悪化したりしてしまうのです。

大山歯科クリニックでの歯周病の治療方法

ブラッシングでは除去できない歯石を徹底的に除去し、歯周病に侵され弱ってしまったそれぞれの歯に合った咬み合わせをつくります。歯がグラグラしている時はしっかりした歯と接着し固定したり、あまりに病状が進行した歯は抜くことが必要な場合もあります。放っておくと周囲の歯にも悪影響を及ぼすからです。
そのような場合には何かしら人工の歯をいれる欠損補綴という処置も必要になります。

歯並びが悪く、歯周病の改善が見込めないような場合や、歯周病によって歯が移動したような場合には矯正治療も必要になる場合があります。
大山歯科クリニックでは徹底的に歯石を除去するために歯周外科治療も積極的に行っています。
また全身疾患をもっていて外科的な治療にはリスクが高い患者様や、外科的な治療が苦手な患者様には基本的な治療とあわせてレーザー治療と薬物療法を併用したり、定期的なPMTC(プロフェッショナル・メディカル・ティース・クリーニング)を行い、成果をあげています。