銀座の歯科医 審美歯科、矯正歯科、ホワイトニングの大山歯科クリニック

医療法人社団綴理会 大山歯科クリニック

お電話でのお問い合わせ・ご予約:03-3545-7811

初めて受診される方:ホームページから初診予約

メディカル・トリートメント・モデル(MTM)・予防歯科

チームが一眼となって、皆様の健康をサポート致します。

むし歯や歯周病の感受性は患者様それぞれまったく違います。
画一的な予防法ではうまくいきません。

各患者様に合った、メディカル・トリートメント・モデル(MTM)を処方し、リスクアセスメントを行った個別の診療をいたします。

誰しもが、むし歯や歯周病にはなりたくないと思っています。
それなりに毎日努力し歯も磨いているはずなのに、なんでむし歯や歯周病になってしまうのだろうか。
大山歯科では患者様のリスクファクターをチェックし、ドクターはもとよりお口の健康を末永く維持するために患者様担当の衛生士によるケアをしていきます。

メディカル・トリートメント・モデル(MTM)とは

私たちは患者さんの現在の状態をできる限りしっかりと把握し、リスクアセスメントを行い、最小限の治療そしてメインテナンスに活かすMTM(メディカルトリートメントモデル)を導入し診療しております。
そのため、むし歯や歯茎、そして唾液の検査(カリエス・リスク・テスト)、X線写真検査、口腔内写真の撮影等を行っていきます。
私はこの歯が痛むだけなので、こんな検査は私には必要ない
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。
現在は必要ないと感じても、この先の数十年という長期にわたって良好な口腔内を保つメインテナンスを考えた場合、現時点での状態を可能な限りしっかりと正確に把握、記録しておくことが重要となってきます。
今痛んでいる歯がなんでそのようになったのか?
これからどうすればよいのか?
治った後の良い状態を維持していくにはどうしたらよいのか?
他の歯も守っていくには?
そこまでをちゃんと考えていくためには必要な検査や記録となります。
建築の現場でも、やみくもに土台を入れてビルを建ててしまえばよいというわけではなく、綿密な地質調査を行ったうえで、適切な地盤に適切な長さと強度を持った土台を入れていきますよね。
建物を建てた後も、しっかりとメインテナンスが入っているビルはいつまでもきれいですが、手入れのされていないビルは早くに老朽化が進み、経年的に大きな差が出てきます。
手入れがされていないビルはいずれは廃墟のようになってしまうかもしれません…
現状をしっかりと把握し、適切な処置を行って、長期のメインテナンスを行っていくことが重要と考えていますので、最初は様々な検査を行っていきます。その点をご理解いただき、来院していただければ幸いです。
もちろん痛む部分は先に対応いたしますのでご安心ください。

大山歯科クリニックの予防治療

サリバテスト(唾液の検査)・むし歯リスクの判定

むし歯は、生活習慣や、唾液の量、性質、唾液に含まれるむし歯の原因菌の数、などを調べることで、各個人においてのむし歯へのなりやすさがわかります。
まずむし歯に対する感受性を知ることから、適切な治療計画の立案や、予防処置が始まるのです。

口腔内規格写真撮影
初診時、治療の再評価時、メインテナンス時にお口の中の記録をとります。お口の状態の改善度や継時的な変化をみていきます。

レントゲン診査
現在のむし歯の状態をレントゲンにて把握します。特に歯と歯の間のむし歯の進み具合をチェックします。初期のむし歯は、適切な対応によって維持することができます。

生活習慣指導・食事指導
生活習慣や食事のとり方、内容等が非常に重要になります。
患者様のライフスタイルに合わせてご提案します。
ブラッシング、ホームケアの指導

毎日のお手入れがとにかく大事です。質の高いホームケアができるよう指導していきます。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)
歯の表面にばい菌がつくった皮膜(バイオフィルムといいます)は、ブラッシングだけでは落とすことができません。
しかし精通した衛生士の特殊な器械を使ったクリーニングによって落とすことができます。定期的に行うことで、非常に快適で、よい状態を保つことができます。
行う目安は状態によって変わりますが、3ヶ月前後が目安になります。

フッ化物の応用

毎日のお手入れでフッ素入りの歯磨材を使用することはもちろんのこと、歯科医院でしか使用できない専用の濃度の高いフッ素を使用することで歯が強化され、むし歯になりにくくなります。
年に2回が目安になります。
むし歯も歯周病も、定期的な検査、クリーニング、フッ化物応用の継続がもっとも重要です。