銀座の歯科医院 審美歯科、矯正歯科、ホワイトニングは大山歯科クリニック

医療法人社団綴理会 大山歯科クリニック

お電話でのお問い合わせ・ご予約:03-3545-7811

初めて受診される方:ホームページから初診予約

当院ではオンライン診療をご利用できます。

8月 勉強会<根面う蝕について/口腔乾燥症について>

こんにちは!歯科衛生士の河田です!

暑い日々が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
こまめな水分補給と感染対策をして、お体にお気をつけください!

8月の勉強会を開催いたしました。

今回の議題は、私、河田からの「根面う蝕について」と歯科衛生士の田畑さんからの「口腔乾燥症について」の発表と、それに基づいたディスカッションでした。

皆さま「根面う蝕」はご存知でしょうか?

根面う蝕とは「歯の根(歯根)にできるむし歯」の事で、歯の頭の部分(歯冠)にできるむし歯より、気付きにくく、場合によって進行も早いです。
被せ物の下や、根の歯と歯の間など、清掃不良になりやすい部位に発生します。
口腔内が乾燥し、唾液の自浄性、緩衝能の低下などが起こり、また糖分の摂取回数の上昇、頻度の上昇、清掃不良があると、たちまち根面う蝕が進行します。

今回の勉強会では、根面う蝕の特徴、診査、診断、う蝕の管理やセルフケアアイテムについてディスカッションをしました!

患者さまには、歯冠う蝕と同様、プラークコントロールの徹底、フッ化物応用、糖分の摂取回数を少なくしていただく事により、むし歯予防が期待できます!

根面う蝕は、高齢期の方に発症しやすいですが、口腔乾燥症の方も同じくリスクが高まります!
口腔乾燥症の方も唾液腺マッサージやあいうべ体操、口腔湿潤ジェルなどを使用すると、改善が見込めます。

当院では、さまざまなライフコースに合わせた予防歯科をご提案しております!

その為に、日々の診療での問題提起や勉強会でのスタッフ間の知識の統一化を図っています!
なにかご心配事、ご不明点等あれば、お気軽にスタッフまでお声がけください!

===============================
【大山歯科 SNSのご案内】
★アイコンをクリックすると各ページに
飛びます ぜひご覧ください★
===============================

[twitter]

[Instagram]

[Youtube]

7月 勉強会<口腔乾燥症について/マタニティ期・口腔機能の発達と食育について>

みなさま、こんにちは! 歯科衛生士の高木です!

7月、8月に入りまだまだ猛烈に暑い日が続いておりますが体調を崩されたりしていらっしゃらないでしょうか。こう毎日暑いと熱中症が心配になります💦
当院にお越しの際は受付にウォーターサーバーがございますので、どうぞ冷たいお水をお飲みになってお休み下さい!暑い中、来院していただきいつもありがとうございます😊

オリンピックも開催されましたね。
このコロナ禍で開催についても賛否ありましたが、オリンピック選手の皆さんの活躍を拝見し、やはりとても感動致しました。まだまだ未曾有の事態が続きますが、日々の感染予防対策を改めて向上させていき、この事態を乗り越えていきたいと思いました。

さて先日、7月の勉強会がありました!

7月の勉強会の発表テーマは、歯科衛生士 田畑による『口腔乾燥症について』の1回目と私、歯科衛生士 高木による『マタニティ期・口腔機能の発達と食育について』の2回目でした。

今年の勉強会のテーマは、当院の年間目標(スタッフ全員で共有している医院の1年間の目標です)を意識して、それぞれのライフコースに沿った医療の提供をするために、各ライフコースごとの問題についてを勉強しようということで当院の歯科衛生士が各自でスライドを作って発表しております。

今回の歯科衛生士 田畑の口腔乾燥症は「高齢期」というライフコースにあたります。

半年ほど前に田畑より口腔乾燥症がみられる患者さんの症例を発表してもらったので、今回も引き続き口腔乾燥症について詳しく発表してもらいました。
※前回の発表:2020年10月ブログ

ご高齢の方の口腔内の所見として口腔が乾燥していることが多くみられます。また全身疾患がありお薬を飲まれている方でも副作用としてお口の中が乾きやすくなっていることが多いです。

ただお口の中が乾いているだけと思うかもしれませんが、この状態はとても良くない状態です。唾液分泌が減少してしまい乾いてしまってる状態です。唾液はお口の中でたくさんの作用があり、口腔粘膜と歯の潤滑・保護作用、緩衝作用、抗菌作用、消化作用、自浄作用などがあります。その唾液が減ってしまうことにより、むし歯の発生が増加しやすくなったり、味覚異常、舌・口腔粘膜の損傷による疼痛、口腔カンジダ症の発症が起こることがあります。また、口腔だけではなく全身にも影響を与えると言われています。

こういった口腔乾燥症の症状、原因、治療、対策などを講義してもらった後、スタッフ間で当院ではどのように対策していくかを話し合いました。次回までに意見をまとめ、発表してもらう予定です。

私、高木が担当したマタニティ期というライフコースもとても重要です。胎児期から口腔は始まっているのでこの時期の女性の口腔の健康やバランスのいい栄養摂取の指導は歯科医院でしっかり行うべきことです。よろしければ前回6月の勉強会のブログと合わせてお読みください。
2021年6月ブログ

今回は前回発表した際にスタッフ間で当院ではどのように対応していくかなどを話し合ったので、まとめたものを発表しました。そこからまた改善点も上がりました。

各ライフコースごとの歯科の問題点(リスク)を学ぶことはとても重要です。各ライフコースごとにリスクの種類が違うからです。

例えば、妊娠している時期はホルモンバランスが崩れやすく、口腔内に変化が起こりやすいのでむし歯や歯肉炎になりやすくなります。乳幼児期から永久歯が生えそろう学齢期では適切な食習慣やホームケアを確立してあげないとむし歯や歯列不正を起こしてしまいます。成人期では虫歯や歯周病のリスクが高まるので歯磨き指導や生活背景のチェックなどをしっかり行わないと発症させてしまいます。高齢期では口腔内が乾きやすくなり、歯の根元の方がむし歯になりやすくなり、急に進行してしまい治療しなくてはいけなくなってしまうことがあります。

各ライフコースごとのリスクについて、より勉強を重ねることで、どの患者さまにも対応できるのです。1番大切なのはむし歯や歯周病にならないように予防してあげること、再発させないことです。それを目指して今年の勉強会で思考を積み重ねていきたいと思っています。

今は人生100年時代と言われ、100歳以上生きると言われています。その中で同じ100歳でも、寝たきりで過ごすのか、自分の足でしっかりと歩けるのかでは全く意味が違ってきます。口腔の健康は全身の健康に繋がっています。私たちが医療人として目指しているのは100歳になっても自分の歯で食事ができる!自分の足で歩き生活ができるようなクオリティオブライフ(生活の質)を向上させてあげることなのです。

大山歯科クリニックのいち歯科衛生士として、皆さまの健康づくりのお手伝いを少しでもさせてもらえたら嬉しいです😌

歯科衛生士 高木

===============================
【大山歯科 SNSのご案内】
★アイコンをクリックすると各ページに
飛びます ぜひご覧ください★
===============================

[twitter]

[Instagram]

[Youtube]

大山歯科クリニック移転8周年

大山歯科クリニック
副院長大山晃代です。

7月3日

おかげさまで移転8周年が過ぎました。
これもひとえに皆様の支えがあってのことです。
今後も新しい知識をスタッフ一同で習得して還元し、衛生管理の徹底、
健康寿命をのばすことを目標に
皆様方のお口の健康をサポートしてまいります。

全身の健康はお口の健康からになります。
矯正治療にて素敵な笑顔を確立し、咬合を整え、口腔周囲筋肉をバランスの良いものにして、
不調和を減らし、磨きやすい環境作りをして免疫力を高めて、歯周病菌をコントロール、
禁煙の徹底をして
身体の中から健康にくらしましょう。
笑顔で皆様をお待ちしております。

よろしくお願い申し上げます。

大山歯科クリニック夏季休暇

暑中お見舞い申し上げます。
夏、太陽の季節が巡ってまいりました。
皆様ご健勝のこととお慶び申し上げます。

副院長大山晃代です。

大山歯科クリニック
夏季休暇をいただきます。
7/21水曜日午後〜
7/30金曜日まで
ご迷惑おかけし申し訳ありません。
スタッフ一同いろいろ研鑽をつみリフレッシュ
してまた皆様のお口の健康をサポートさせていただきます。
引き続きよろしくお願い申し上げます。

7/31土曜日スタートになります。皆様にお会いできますのを楽しみにしております。

大山歯科クリニック

6月 勉強会<マタニティ期による口腔環境の変化と口腔管理/乳幼児期の食育と口腔機能発達・維持>

こんにちは!歯科衛生士の寶力です。
6月の勉強会を行いました。

当院では「それぞれのライフコースに沿った医療の提供」というテーマを掲げ、
診療を行っております。
そこで今回のテーマは歯科衛生士高木による
「マタニティ期による口腔環境の変化と口腔管理」
「乳幼児期の適切な食習慣(食育)と口腔機能発達・維持」
というテーマで、周期ごとのお口の中の変化や必要な対応をスタッフ全員で共有致しました。

〈マタニティ期前期〉
ホルモンバランスの変化から口腔内に様々な変化が起こり、
今までとは違う注意が必要になります。
この時期に歯周病が重症化すると低体重児や早産を引き起こすリスクも高まります。

〈中期・長期〉
胎児・ホルモンも安定してくるので出産に影響を及ぼす可能性のある
口腔症状はこの時期に治療するとよいです。
治療時は胎児への影響を十分配慮することが必要になりますが、
歯科治療に必要なX線写真撮影に関しては、照射量も少なく腹部は防護エプロンで覆われているので影響はありません。
これから妊娠を考えている方や現在妊娠中の方もお口の中で不安な事がありましたらどうぞ安心してご来院下さい。

〈乳幼児期の食育〉
乳幼児期で断乳後はストロー飲みよりもまずコップ飲みの習得が先になります。
遅れると乳児型の嚥下残存の原因の一つとなってしまいます。

こういった乳幼児期の対応がその後の基礎を作るのにとても重要なのだと確認することができました。

人生100年時代において、ただ歯が残っているだけではなく
「一生涯美味しく食事が出来る」ように
スタッフ一同日々進化して参りますのでどうぞよろしくお願いいたします!

===============================
【大山歯科 SNSのご案内】
★アイコンをクリックすると各ページに
飛びます ぜひご覧ください★
===============================

[twitter]

[Instagram]

[Youtube]

歯列矯正治療😁

皆さま
こんにちは😃矯正担当 大山晃代です。
6月の晴れ間
銀座地区も紫陽花が綺麗に咲いています。✨image-4709″ />
歯列矯正治療
皆さまマスクのうちにどんどん綺麗になりましょう。
私も患者様から前向きな

エネルギーを沢山いただいております。
silveslining
コロナ禍あなたが変わった良い兆しは?

土曜日の予約が大変取りづらくなりご不便をおかけしております。
ネット予約をしばらく閉鎖させていただきます。
土曜日ご希望の方は直接お電話にてご連絡お待ちしております。

大山歯科クリニック
副院長 日本矯正歯科学会認定医 大山晃代

5月 勉強会<院長による症例発表・全身的偶発症の対応のための設備確認>

こんにちは!
受付・歯科助手の須永です!

ここ最近寒暖差が激しい季節ですが体調など崩されていないでしょうか?

先日、大山歯科の公式インスタグラムのフォロワーが150人を超えました。
これからも大山歯科の最新の情報や予約の空き情報、歯科情報を載せていきますのでインスタグラムもチェックお願いします!
Instagram:https://www.instagram.com/ohyamadentalclinic

さて、先日5月の勉強会が行われました。

今回の内容は
「院長による症例発表」と
「4月の勉強会で行った全身的偶発症の対応のための設備確認」でした。

今回の症例発表で取り上げさせて頂いた患者様は、約25年ほど大山歯科クリニックで治療やメンテナンスに通ってくださってる患者様です。
大山歯科はおかげさまで開業から今年で64周年を迎える事が出来ました。
会長先生から現在の院長に引き継ぎ、その時代と共に最善の治療を目指しています。

その方の初診時の状況は歯周病が酷く進行しており、また欠損歯もあったため義歯を入れる治療になる予定でしたが、患者様の心境では30代で義歯を入れるというのは抵抗があり違う方法はないかということで、当時インプラント治療を希望されていました。
歯周病の進行もありインプラントのオペは難しいものでしたが、患者様と何度も治療計画を相談させていただき、治療、歯のクリーニングを重ねていきインプラントオペをする事が出来たそうです。

当院ではインプラントを行う上で、いくつか必要な検査や、治療を進める上でのカウンセリングを行なっています。
インプラントを埋め込む顎の骨の量の確認のためのレントゲン撮影、CT撮影をし、3Dの画像を用いて分析していきます。
周囲の歯の状態や、歯周病の状況はどうかも念入りにチェックしていきます。
また持病や定期的に飲んでるお薬ははないか、全身状態の確認もとても重要になってきます。
検査やカウンセリングを充分に行った上で患者様が安心しての治療を受けていただけるように心がけています。

なるべく患者様の要望・期待に応え、より良い治療を提案する事で患者さんとの信頼を築くことができ、長年通って頂ける医院となっているんだなと改めて感じる事ができました。

また、当院では患者様に対して「ライフコースアプローチ」というものを推進しています。

ライフコースアプローチとは成人における疾病の原因を胎児期、乳幼児期、およびその後の人生をどのような環境で過ごし、どのような軌跡をたどってきたの要因を知るものです。

今や人生100年時代と言われています。
同じ100歳でも寝たきりの100歳なのか、それとも元気で食べ物を美味しく食べられる100歳のになるにはどうしたらいのか?
それはライフコースアプローチとして小児期、成人期のより早くからお口の中の状態に目を向ける事が大事です。
そうすることで高齢期になってもしっかり自分の歯で食事を楽しむ事が出来ます。
長期的に自分の人生を見据えて、より長く自分の歯が使えるように定期的に検診、体のメンテナンスに行くことをおすすめします。

大山歯科では患者様のライフスタイルに合わせて、20年後、また100歳になっても健康で楽しい生活を送ってほしいをモットーに、患者様の人生に少しでも手助け出来るよう日々勉強しながら診療を行なってまいります。

続いて、全身的偶発症の対応のための設備確認では、酸素マスクや血圧計、AEDの使用方法などをスタッフみんなで確認し合いました。

当院では万が一の緊急事に備えて、このように定期的にトレーニングを行なっております。

今回の勉強会を得てさらに患者様に安心と信頼を持って通っていただけるよう努力していこうと思いました。

===============================
【大山歯科 SNSのご案内】
★アイコンをクリックすると各ページに
飛びます ぜひご覧ください★
===============================

[twitter]

[Instagram]

[Youtube]

4月 勉強会<全身的偶発症とその対応について>

こんにちは!
歯科衛生士の田畑です!
4月の勉強が開催されました。

今回の勉強会は
・より良い診療が行える様に
・歯科衛生士高木による歯科治療における全身的偶発症とその対応
というテーマで今回も実りある勉強会になりました!

今回は主に歯科衛生士 高木による全身的偶発症とその対応の内容がメインになりました。
偶発症の種類から対応まで細かく説明してくださいました!
歯科治療における全身的偶発症とは、一般的に安全性が高いと言われている歯科治療周術期(歯科治療の前・治療中・後)に循環系、呼吸系、中枢神経系などで意図しない異常偶発的に生じることを言います。
歯科医院は歯の治療だけでなく時にはお体全身に関わってくる場合もございます。より一層気を配り配慮して診療は行っておりますが、万が一に備えの予習と復習を行えました。

☆異常が起こる前に予防する!
☆異常が起きた後に、正しい判断・対応をする!

この2つの項目をこの勉強会で知識を得ることができたので、日々の診療で常に頭に入れ、行動していこうと思います!

そして、患者様にもお願いです。
歯科はお口の中だけでなくお身体全身に関わってくる場合もございます。
言いにくいこともあるかもしれませんが、前回来院された時から何か1つでもお身体に変化がある場合は、スタッフあるいは担当医にお伝えをお願い致します。
この情報があるのと無いのでは、対応できるもの(予防できるもの)に差が出ます。
患者様のご協力もあって当院は安全に診療出来るのです。何卒よろしくお願い致します。

毎度毎度完成度の高い内容を持ってきてくれる歯科衛生士 高木。
お陰様で、スタッフ全員の知識も上がりより一層患者様に安心して診療を受けていただける医院になっていると思います!歯科衛生士 高木には感謝です!
そして、毎月毎月実りある内容の勉強会を開いてくださる院長先生に感謝し、日々、最新医療を取り入れスタッフ全員で勉強をし患者様に満足される歯科医療を提供する為にスタッフ一同頑張って参ります!

よろしくお願い致します。

歯科衛生士 田畑

===============================
【大山歯科 SNSのご案内】
★アイコンをクリックすると各ページに
飛びます ぜひご覧ください★
===============================



[twitter]


[Insta]


[Youtube]

御礼~博士課程修了にあたって~

歯科医師の田中です。
先日、東京歯科大学にて学位授与式が行われ、無事授与することができました。講座のみなさんにもお祝いしていただきました。

今回私は『In vitro wear behavior of restorative resin compositesagainst bovine enamel』というタイトルで、製作方法の異なるコンポジットレジンと牛歯の磨耗の比較を行い、各コンポジットレジンによる歯の磨耗そしてコンポジットレジン自身の磨耗の傾向を発表しました。

研究では9種のコンポジットレジンと牛歯を用いましたが、個人的には人間の歯が自然にすり減っていくのと同じように磨耗するコンポジットレジンが理想的と思っております。
コンポジットレジン修復は年々その適応範囲が広がっていることや、8020達成者が50%を超えて自分の歯だけで噛める人が増えていることを考えますと、この研究の意義は後々より重要度が増してくる実験ではないかと思います。

今回、社会人大学院生としてこのような一つの形にできたのも大山貴司先生をはじめとする大山歯科の皆さま、服部雅之先生、東京歯科大学歯科理工学講座の皆さま、武本真治先生のご尽力無くしては成し遂げられないことだったと思います。

大学院生活で培った経験や知識を日々の臨床に還元してまいりたいと思います。

===============================
【大山歯科 SNSのご案内】
★アイコンをクリックすると各ページに
飛びます ぜひご覧ください★
===============================

[twitter]

[Instagram]

[Youtube]

3月 勉強会<SNSを徹底活用するには&矯正治療の経過について>

こんにちは!
歯科衛生士の沼田です
3月分の勉強会を行いました。

今回の勉強は
受付助手 藏野、須永が
『SNSを徹底活用するには』
のリモートセミナー受講しましたので、スタッフでセミナー内容を共有しました。

まだご存知でない方もいらっしゃるかと思いますが、大山歯科クリニックもInstagramを開設しております!!

ホームページのブログ以外にもInstagram、Twitterの投稿などもさせていただいておりますので、
大山歯科に来院を考えていらっしゃる方、
矯正のご相談を考えていらっしゃる方、
予防歯科ってどんな事するのだろう…
きれいな歯にするにはどんな方法があるのだろう…
矯正治療はどんな種類があるのだろう…
どんな先生がいるのだろう…
といらっしゃるまでに沢山気になる事はあるかと思いますので是非医院の雰囲気を覗きに、また沢山の情報を発信していきますので来院されている方も是非ご覧ください。

勉強会の2つ目のテーマは
副院長先生による矯正治療の経過についてでした。
大山歯科では日本矯正歯科学会認定医である副院長先生の
通院中の患者さんの経過や、
矯正後の患者さんの経過をスタッフで共有しました。
矯正専門の歯科医院ですと矯正期間中だけのお付き合いになってしまいますが、大山歯科では矯正前のむし歯、歯周病のチェックや、クリーニング、カリエスリスクテストをさせて頂いた後、矯正をスタートし、矯正後もリテーナーチェックやメインテナンスをしっかり行い一生涯のお付き合いをさせていただいております。
一般歯科、予防歯科が一緒にある医院ですので、歯並び以外も万全です!
矯正後、一生ご自身の歯でお食事していただけるようお手伝いさせていただきたいと思っておりますのでどうぞ宜しくお願い致します!
===============================
【大山歯科 SNSのご案内】
★アイコンをクリックすると各ページに
飛びます ぜひご覧ください★
===============================



[twitter]


[Insta]


[Youtube]