銀座の歯科医院 審美歯科、矯正歯科、ホワイトニングは大山歯科クリニック

医療法人社団綴理会 大山歯科クリニック

お電話でのお問い合わせ・ご予約:03-3545-7811

初めて受診される方:ホームページから初診予約

当院ではオンライン診療をご利用できます。

東京矯正歯科学会春季セミナー 混合歯列期の矯正治療―効果的な結果を得るためにー

副院長の大山晃代です。

東京矯正歯科学会春季セミナー
混合歯列期の矯正治療 ―効果的な結果を得るために―

有楽町朝日ホールに参加しました。

伊藤知恵先生は予想されることを未然に防いで適切な矯正治療を行うために配慮する点について確実な安全な矯正治療とは何かのご講演、適切な診断がとても大事というお話。
井上裕子先生の長期観察症例をもとに、遺伝的要素がどれだけ関与するのか、今後の成長発育はどうなるのか。習癖の影響、親子の協力はえられるのか予想不可能な要素が治療の成績にかかわってくる。矯正治療により得られた子供の笑顔は子どもの性格形成に大きなプラスになるばかりでなく成功体験は子供の自信を育むことができる。その逆もありえる。矯正医として子供たちの幸せに少しでも貢献できるように考えていきたいというお話でした。
お二人とも人格形成、できるだけすべてを受け止め心を通わして矯正を行うというスタンスが心に響きました。
とても人の心を大切になさっている先生方に感動するとともに、私も同感でたくさんの質問をさせていただきました。充実の時間でした。

ホームページリニューアル公開のお知らせ

大山歯科のホームページをご覧いただき、有り難うございます。
この度、医院のホームページをリニューアルし、ブログもリニューアル致しました。

リニューアルホームページは、スマートフォン・タブレットからの観覧時にも最適化されたレイアウトで、ホームページが見られる仕様としております。

大山歯科を今度とも宜しくお願いいたします。

今年も銀座中学校学校保健講話

院長です。

毎年恒例の銀座中学校での講話を行いました。

今年で5回目となり、複数回出席されている保護者、そして教職員の方々も多くなってきましたので、今回は事前にリクエストのありました歯並びを中心にお話をさせていただきました。

前半は毎年行っている歯科健康診断の内容と結果の説明です。
むし歯の数が保護者の方々の中学生時代と比較して本当に少ないので、 大変驚かれていました。
これはとても良いことなのですが、歯周疾患に関してはこれからが重要な時期となりますので、むし歯がないからといって歯ブラシを軽んじると将来的に困ったことになりますので油断しないでくださいね!

後半は今日のメイン内容の歯並びの話です。
歯並びに関しては個性がありますので、この歯並びでないと絶対にダメ! ということはありませんが、歯並びのせいで歯磨きがしづらくてむし歯や歯周病になりやすかったり、咀嚼がうまくできない、見た目がとても気になるなど、悪い影響がある(将来的にありそうな)場合は歯列矯正をした方がよいことをお話ししました。
本当は乳歯列期の頃から注意してみていれば、多くの不正咬合は 回避できるので、ちょっとでも気になったら歯科医院でみてもらった方がよいでしょう。
3歳児健診が一つの目安となりますが、その後も定期的にチェックしていくことが重要です。
銀中では私たちが厳しく診るようにしますのでご安心ください!

最近ではあまり目立たない舌側矯正や、マウスピースを使用した方法もありますので、大人の方が社会生活をしながらスムーズに行うことができるようになってきました。
装置が見えると仕事にも差支えそうだし、いまさらもうあきらめてるよ・・・ という方も大丈夫です!
8020の達成者が増えてくる中で自分だけ置いて行かれないように、歯並びを良くして、安定したかみ合わせと、きれいに清掃しやすい環境にしておきましょう。

学校歯科健診は限られた環境で行っていることと、学校歯科特有のルールに従って行っているため限界もあり、必ず年に一回以上は歯科医院でしっかりとチェックをすることをお勧めしています。
これから出てくる親しらず に関しても将来的に危ない抜歯とならないように、歯根がまだできていない今からチェックすることも重要だと思っています。
レントゲン写真や、必要であればCT撮影も行って管理していけば万全でしょう。

中学生はとても多感で反抗期などもありながら高校受験等で、親としては大変な時期(うちにも二人中学生がいるのでよくわかります!)ですが、なんでもスポンジのように多くのことを吸収する人生の中でもとても大事な時期ですよね。
このような時期にお口の健康管理を任された身として、その責務をしっかり果たしていけるよう、来年にはよりよい健診ができるように一工夫したいと思っております。

次世代 舌側矯正WINシステム認定コース修了

副院長の大山晃代です。

ドイツINCOGNITO開発者 Wiechmann D,の次世代のブラケット

WINブラケット認定コースを修了しました。

日本各地から、また外国のDrの参加も目立ちました。

多くの矯正専門医の先生方との臨床の意見交換の場を持てることを大切に思います。

メインテナンスやクリーニング、アンカレッジのことなど興味深いお話しの数々。

欧米人と日本人は骨格や歯列不正の特徴が違い、日本人に対応した治療方法が大切と思います。

診断矯正用語は一緒なのですが英語の会話力をもう少し上げないと。

毎回反省します。

多くを日々の臨床に還元したいと思います。

おススメします ブレンダー!!!

副院長の大山晃代です。

今年ももう一か月がたちました。
本当に早いものです。
このまま一年あっという間に終わってしまうのでしょうか!

2013・2014年は診療室の移転に伴い、お陰様で忙しい日々が続きました。
私としてはテニススクールをやめて?十肩、頸椎症、であまり運動ができず、雑用でいつも遅くなり夜中に食事となり体重増加。
生姜、ネギ卵とじうどんで何とかこの冬のインフルのピークは乗り切りましたが。。。

感謝、希望をもつ、くよくよしない、健康第一、行動をおこすは出来ているのかしら。
さてもうそろそろもう一度自分を見直す時期に。。

2015年は、診療だけでなく生活周辺の整備に時間をつくることが目下の目標です。

カウンセリングルームで患者様に説明するためにのセファロ分析やCT画像処理、経過写真の整理等で大画面PCを凝視。
目がちかちかし、とても悪くなったような気がします。。。
そのため50%ブルーライトカットのメガネを急いでつくりました!

フットワーク軽くするためににマラソンを週1回 5キロ走りだしました。
今日はなんと13キロ走り、明治神宮を参拝。
実はウォーキングも含めてなのですが、自分なりに走りました。

最近のお気に入りは健康にと以前から購入はしていたのものの、家の片隅に追いやられていたブレンダーを出し、ほうれん草、りんご、人参、ヤクルトやヨーグルトを混ぜて飲むのを朝の習慣にしてます。
乳酸菌とビフィズス菌の両方をとって腸内環境も万全に。

子供達にはバナナミルク、いちごミルクが大人気です。

ミキサーやジューサーは置き場所をとったり、洗い物が面倒で続かず断念しましたが、ブレンダーはコンパクトでメインテナンスも簡単なので今のところ毎日続いています。

生姜の酢甘づけ作りも始めました。
熱湯にくぐらせた生姜の薄切りを腸内細菌を増やすオリゴ糖と純米酢に漬け込み蜂蜜も好みに応じてプラス。
2、3枚を毎日ペロリ
健康によいと信じています。
スタッフにもふるいまいました。

梅玄米ご飯も再開したいと思います。

健康に気遣うと、心身共にスッキリとした気分で一日を過ごせますね。

皆様もいかがですか?

祝 開院58周年!

院長です

2月4日は当院の開院記念日です。

おかげさまで、58周年を迎えることができました。

毎年恒例の銀座萬年堂の「御目出糖(おめでとう)」を持っての集合写真です。

お昼にはケーキ でささやかなお祝いをしました。

昼休みに乾杯です。
ジュースですのでご心配なく!

今日は一日、58年の歴史の重み感じながらの診療となりました。
何事も続ける事に、とても尊いものがあるといつも思っています。
良好な信頼関係が築かれ、育まれなければどんな事業でも継続、発展はないでしょう。
私たちはとにかく患者様が健やかに楽しく生活していただけるよう、歯科の立場から最大限のフォローをさせていただき、皆様から安心て頼られる存在でありたいと思っております。

患者様、そしてスタッフ間、診療にかかわるすべての方々との信頼関係を大切に、これからも邁進してまりします。
今後とも末永くよろしくお願いいたします。

チューリッヒ美術館@新国立美術館

チューリッヒ美術館@新国立美術館 スイス国交150周年記念。

初めて新国立美術館へ。

印象派からシュルレアリズムまで。

中世美術から現代アートまでを展示。モネの視界いっぱいに広がる大作、睡蓮。絶妙な夕暮れの温かい色が印象的でした。セザンヌ晩年、またセガティーニ、ホドラーやクレーといったスイスを代表する画家は初めて見る作品でした。さらにピカソ、ミロ、ダリジャコメティといった20世紀の近代美術史を彩る巨匠作品が紹介されていました。

第1次第2次大戦争をはさんでの人々の葛藤、暮らしを垣間見る重厚な絵画や彫刻が多かったように思います。

夢見るフランス絵画展@BUNKAMURA

野獣のような表現フォーヴィズム、現実にあるものを見て描くアプローチをしたキュビズム。

大戦後多くの外国人芸術家が集い、モンマルトルやモンパルナスを舞台に展開。当時のパリの街角は、ユトリロが哀愁漂う風景画として作品に残しイタリア出身のモディリアーニ、アポーランド人のキスリング、また、ロシア系ユダヤ人のシャガールは、故郷の風景につながる幻想的な光景に、豊かな色彩をちりばめました。

一方で、日本の繊細な感覚を西洋の肖像画に織りこんだ藤田嗣治も、藤田の白も有名です。激動の時代を生きる事に誠実に前を向き革新をめざし、邁進する画家たち心の表れである芸術作品鑑賞。歴史人生に思いはせながら鑑賞することはとても有意義な時間を過ごし興味深いものがあります。

東銀座に和光歌舞伎座を見下ろせる三井ガーデンホテル完成

あっという間にビル解体、新ビル完成。間接照明が眩しいくらいです。中のシャンデリアが気になります。シャンデリアのデザイン画を沢山書き続けた石井幹子さん。

これはどこのものでしょうか。

1階にロテスリーレカン、ミルニアム三井ガーデンホテル12月17日Open予定です。http://www.gardenhotels.co.jp/new-hotel/

日比野拓史展開@グラフィカ

日比野拓史展開@グラフィカ。広島アトリエでの作業。多摩美卒業後2008年から鰐を書き続けていらっしゃる。日本画の手法で岩絵の具を使って表現したワニには圧倒されます。遠近法、画面の配置に躍動感あり。細かいウロコが白や緑に乱反射し浮き上がり表面のゴツゴツ感がリアルで今にも動きだしそうです。首をもたげて何処かをみている姿、よく鰐園でみられますよね。写真に表現できない質感が最高です。辰砂、孔雀石、藍銅鉱、ラピスラズリなどの鉱石、半貴石を、砕いて作った顔料を固着剤として膠を使い手でこねるということ。是非。http://www.galleriagrafica.com/jp/contact/index.html


紅葉狩り@鎌倉

鎌倉に念願の紅葉狩りに行きました。半年前からの企画に感謝。台風後の切り株に寂しさを覚え、参拝時の檜の良い芳香(成分はアルファピネン、ボルネオールという物資)にお宮参りを思い出し気分が落ちつきました。イチョウの絵馬も季節柄かと。可愛いリス出現後の紅谷のくるみっ子本店。しっかりした触感のこ寿寿わらび餅。鳩サブレーが小町通り入り口から移動にも驚きました。ノスタルジックな佇まいの鎌倉、堪能しました。