銀座の歯科医院 審美歯科、矯正歯科、ホワイトニングは大山歯科クリニック

医療法人社団綴理会 大山歯科クリニック

お電話でのお問い合わせ・ご予約:03-3545-7811

初めて受診される方:ホームページから初診予約

当院ではオンライン診療をご利用できます。

スタッフ一丸となって歯科医業に従事しております。

副院長 大山晃代です。

3月のお誕生日の🎊🎂2人のお祝いをしました。スタッフ一丸となり皆さまのお口の管理をさせていただいております。😁

矯正終了おめでとう🎊🎈ございます。

副院長 大山晃代です。

皆さま矯正終了おめでとうございます。😁

素晴らしい笑顔で多くの方々を幸せにしてさしあげてくださいね。

前向きな姿勢大変を尊敬いたします。エネルギーをありがとうございます。💕

益々のご活躍お祈りしております。😁

第2回先進矯正歯科学会に参加しました。

副院長

大山晃代です。

2月25日、26日第2回先進矯正歯科学会に出席しました。

患者様の多種多様なニーズ、生活スタイルに一番合った治療を提案しクオリティ高く、適性な期間にて長く手入れのしやすい口腔内を作り上げることを目標にしています。

患者さま大山歯科スタッフ皆で一丸となって目標に向かってすすんでゆく姿勢が大切と思っています。😁

最新の世界的な矯正治療の良いところを取り入れ柔軟にコンビネーションが大切であると常に考えています。

日本中の多くの先生方との意見交換ができ前を向いて邁進いたします。😁

2月 勉強会<プロジェクト発表会>

こんにちは!歯科衛生士の河田です!

インフルエンザやコロナウイルスなど感染症が流行っていますね。みなさん手洗いうがいしっかりされていますでしょうか?
うがいは水うがいではなく、殺菌剤が入ったうがい薬で予防すると更に効果的です。当院でも来院された際、使って頂いているSP-Tガーグルがおすすめです!

本日、2月の勉強会を行いました。
大山歯科クリニックでは、今年 Life  Couse Helth Care を徹底させるための新プロジェクトを始動いたします!

 

 

 

 

 

 

患者さまの口腔内と全身の健康を維持、増進するため、スタッフ一人一人が各担当分野のリーダーになり、今までの取り組みの強化、新しい課題に挑みます。(成人歯科、小児歯科、矯正歯科、患者様対応、感染予防、学術向上…)

私がリーダを務めるのは、成人歯科です!チーム名は「For Adult ODC」です
当院では乳幼児からご高齢の方まで様々な方に通っていただいていますが、その中の成人の方の口腔内を担当させていただきます。

歯科二大疾患は齲蝕と歯周疾患ですが、8020運動の成果もあり、ご高齢の方の歯がたくさん残るようになりました。
そのため臨床では、今までとは違った角度からの根の齲蝕や、噛み合わせによる破折が多数、見受けられるようになりました。
最後まで機能する歯を残していく為に、力を入れていきたいと思います。

いまや人生100年時代です。
人生100年時代の医療と言われると、ご高齢になってからの医療の提供がイメージされやすいですが、実は人生100年時代の医療はマイナス1歳、つまり胎児から始まっています。

今年のプロジェクトを是非成功させ、今まで以上にLife  Couse Helth Care が根ざした診療を行って、皆様のお役にたてるよう頑張って参ります!

祝 開院63周年!

おかげさまで本日開院63周年を迎えました!

 

 

 

 

 

これもひとえにOB、OGそして沢山の患者様に支えられてきた賜と大変感謝致しております。

まだまだ創始者の父も元気で診療室に出ております!
本年は大山歯科のコンセプトである患者様が100歳になられたときに「大山歯科に通っていて本当に良かった。ありがとう。」と言って頂けるような、ライフコースヘルスケアをさらに充実させる新たなプロジェクトもスタートし、スタッフ全員で取り組んでおります。
大山歯科は常に進化し前進していきます。
これからも大山歯科にどうぞご期待ください!

BIODENTサミットに参加しました。

2019年12月22日

副院長 矯正専門 大山晃代です。

Biodent サミット@六本木ヒルズに参加しました。スカイスタジオ インビザライン、歯周病、小児の矯正咬合育成審美・機能の長期安定を目指して

などのテーマのお話で、全国の臨床の矯正医とDisccuttionし臨床の幅を広げることができました。

日々皆様に還元でいますよう邁進いたします。

12月 勉強会<インビザラインセミナー報告・2020年良いスタートをきるために>

こんにちは!
歯科衛生士の鷹見です!
12月の勉強が開催されました。

今回の勉強会は
・歯科衛生士佐藤、沼田によるインビザラインセミナー参加報告
・年内のまとめ〜2020年良いスタートをきれるように!〜
というテーマで今回も実りある勉強会になりました!

 

 

 

 

 

まず初めに歯科衛生士佐藤、沼田によるインビザラインセミナーに参加した報告の発表がありました。
大山歯科でもインビザライン(マウスピース矯正)を行なっている患者様が増えてきたこともあり、よりよいインビザライン矯正が行えるよう大山歯科を代表して行ってきてくれました。
セミナーの内容はかなり盛り沢山になっており、インビザラインの機械の事、インビザラインを進めるにあたりのその先生(セミナーの講師の先生)の医院で行っている工夫や実行していること等改めて勉強になるところや再確認させられるところがありました。
まだまだ進化して行くインビザライン矯正に我々スタッフも試行錯誤しながら勉強を重ねて工夫していかなければならないなと実感させられたセミナー報告の内容でした。
インビザラインは少しずつアライナー(マウスピース)を変えていき、少しずつ歯を動かして行く矯正方法ですが、使い方次第では良いほうにも悪い方にも傾いてしまう簡単そうで難しい矯正方法になります。
我々スタッフは最良の結果に導くために来院時には細かく患者様の口腔内をチェックさせていただき小さな変化を見逃さないよう写真等を撮らせていただき記録を残しております。
セミナーの講義の先生のところも小さな変化を見逃さないよう写真やスキャン(iteroというインビザラインの機械)を来院時必ず行っているようです。
やはりこれがとても大切なことになり患者様の中には不快な思いをさせてしまっているかもしれませんが、よりよいインビザラインを行なっていけるよう大山歯科では試行錯誤して行ってきておりますので晃代先生を始めスタッフ一同を信じて任せていただければと思います。

インビザライン矯正を行っている患者様、また今後やってみようと思って考えていらっしゃる患者様によりよいインビザライン矯正ライフをお送りいただけるようスタッフ一同努力して参ります。

そして、インビザラインのセミナー報告の次は院長による今年のまとめ・来年良いスタートが切れるようにという内容でした。来年も 〜100歳でありがとう〜 という言葉をモットーに常に来院していただける患者様一人一人の事をしっかり考えバックグラウンドを把握し対応して行くことを続けていけるようお話がありました
今年以上に患者様のことを考え尚且つよりよい診療を行っていけるよう精進していけるようなまとめと来年に向けてのお話でした。
来年は今年以上に色々なことに挑戦して大山歯科に貢献できるよう頑張っていきたいと思います。

毎月毎月実りある内容の勉強会を開いてくださる院長先生に感謝し、日々、最新医療を取り入れスタッフ全員で勉強をし患者様に満足される歯科医療を提供する為にスタッフ一同頑張って参ります!

インビザラインスタディクラブに参加しました

2019年12月8日

副院長大山晃代です。

インビザラインスタディクラブに参加しました。

日々の臨床に還元したいと思います。

10月 勉強会<補綴物について>

歯科医師の田中です。
今月の勉強会では株式会社シケン様をお招きして歯科補綴物について講演していただきました。
今回の講演内容である光学印象、オールセラミック修復は少し前から歯科補綴のトレンドであり、即日修復やオールセラミック修復を標榜している歯科医院も多数あります
また、私も昨年春まで東京歯科大学歯科理工学講座にてまさにこの光学印象とオールセラミック修復を想定した研究を行っており、今回の話は非常に興味深いものでありました。
講演では光学印象は従来の印象よりもヒューマンエラーが少ないこと、オールセラミックは強度や審美性がより高まったものがでてきてるため導入している医院も増えているといった内容でした。
しかし光学印象の精度は従来のシリコンによる精密印象には及ばない場面(特に光が届かない場所)もあったりします。
また、オールセラミッククラウンも材料によっては壊れやすかったり、逆に硬すぎたりして歯を痛めることもあります。
対して昔ながらの補綴物、ゴールドなどは審美性以外は非常に良好であり、なにより実際に大山歯科ではゴールドやメタルセラミックなどが40~50年持っている患者さんもいらっしゃるという実績もあります。
今回の講演をきいて光学印象とオールセラミック修復だけではまだ最適な治療法でないケースも多いと改めて感じました。
大山歯科では光学印象、オールセラミック修復も以前から導入しておりますがこのような理由でケースによっては従来の印象法やゴールドなどの補綴物が最適とする場合もございます。
患者さんにはなかなかわかりにくい部分の話だとは思いますが永く幸せな食生活を送っていただくために大山歯科がこだわってるところですのでぜひ参考にしていただければと思います。

3Dプリンター

副院長大山晃代です。私のSTLデータを抽出し、模型を作ってもらいました。