銀座の歯科医院 審美歯科、矯正歯科、ホワイトニングは大山歯科クリニック

医療法人社団綴理会 大山歯科クリニック

お電話でのお問い合わせ・ご予約:03-3545-7811

初めて受診される方:ホームページから初診予約

当院ではオンライン診療をご利用できます。

「8020への道 第11号」完成しました!

歯科医師の田中です。

今週は口腔衛生週間です。

これに合わせて制作していた季刊誌 ”8020への道  第11号” がついに完成しました。
前回、第10号という節目を迎えたこともあり、今回は気分を新たに第20号に向けての第一歩を踏み出した仕上がりになったと思います。
まず、今回から少しサイズがコンパクトになりました。
皆さんが持ち帰りやすく、そして活用しやすいサイズと思い、A5判としました。
そして今回は電動歯ブラシを特集しました。
私たちが日ごろ使っていて、オススメできる電動歯ブラシを誌面の大部分を使って紹介しました。
この号を読んでいただいて自分に合った電動歯ブラシ選びの参考になれればと思っています。

また今回掲載しきれなかったところもこの笑顔のブログに載せていきます。
どんどんバージョンアップしていければと考えていますので、皆様もぜひ意見やリクエストしていただけると嬉しいです。
“8020への道” を購読を希望されている方には本日中に御自宅に届くようになっていますので、この笑顔のブログと併せて読んでいただき、楽しくむし歯予防の知識を学んでいただけたら幸いです。

歓送迎会

歯科医師の田中です。
定例の勉強会のあと、今月いっぱいで退職される黒柳さん(旧姓 金城)と、1月から新しく入ってきた受付の森田さん、歯科助手の飯万島さんの歓送迎会を行いました。
受付の黒柳さんは約6年間、大山歯科に勤めていました。
僕が大山歯科に勤めたときから一緒に働いていたので退職されるのはとても残念で寂しく思います。
大山歯科に遊びに来た時に、当時よりもさらに良くなってると言われるようにこれから頑張っていきたいですね。

こんなにかわいい干支を頂きました!

院長です

本日より通常通り診療開始です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

患者様からこんなにかわいい干支を頂きました!

郵送頂いたのですが、信楽焼でこの精巧さ、かわいさ、そしてなんといってもこのようなものを送っていただいた患者様のお心遣いに、スタッフ皆びっくり、そして感動でした・・・

新年早々にこのような感動を頂けて本当に感謝いたします。
ありがとうございました。


地震で倒れて角が折れたらどうしよう・・・
耐震対策をしなければ・・・
診療室受付の右側にございますので是非ご来の際はかわいがってください!

本年もスタッフ一同、患者様に安全、安心、そして感動を与えられるような診療をしてまいりたいと思います。

新年 あけましておめでとうございます

院長です

2012年 あけましておめでとうございます。
本年もスタッフ一同皆様の健康増進を願い、お力になれますよう最大限の努力いたす所存でございます。
どうぞよろしくお願いいたします。

1月5日(木)より通常通り診療をいたします。

年末年始のお休みお知らせです

12月28日(木)午後から、2012年1月4日(水) までお休みをいただきます。

1月5日(木)より通常通り診療をいたします。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

いい歯の日  8020への道 第十号 刷り上がりました!

歯科医師の田中です。

今日はいい歯の日です。

それに合わせて、昨日ついに ”8020への道 第十号” が刷り上がりました!

今回は節目の第十号ということで新しい試みををふんだんに取り入れ、前号までの流れとは異なる新機軸を打ち出した内容になっております。
中央区からの8020表彰を頂いた患者様の話題から、新編集長の鈴木と荒木が書いた 「8020と歯周病」、院長のエコアクション21の継続審査の話題、森田の隠れた才能がいかんなく発揮された4コマ漫画などなどオススメの記事満載です。

また今回は僕も ”ビヨンドホワイトニングの体験記” を書かさせてもらったので、そちらも見ていただけると幸いです。
いい歯の日(11/8)に合わせて作りましたので、今日から大山歯科にも置いてあります。待合室にいるときはぜひ読んでください。
また銀座8020倶楽部入会の皆様にはもうすぐご自宅に届くようになっていますので楽しみにしていてください!

刷り上がった夜に ”8020への道” 編集委員会で打ち上げ(反省会?)をしました。
みんなで一つのことを成し遂げた後のお酒は格別ですね。
院長先生、ごちそうさまでした!

8020への道 第十号 制作開始です!

歯科医の田中です。

季節も夏から秋に移り変わるこの時期、当院の季刊誌 「8020への道」 の制作がスタートです。
昨日は印刷会社を交えミーティングを行いました。

「8020への道」 も今回でついに第10号(!)です。

といっても、まだ草案をスタッフから集め、集計している段階なのでどういう形になるのか全く分からない状態ですが、記念すべき10号にふさわしい内容になるよう頑張りたいと思います。
印刷以外はスタッフで手作りですので、患者様の声によっては取り上げる内容も柔軟に変わっていきます。(笑)
ぜひ感想や意見をいただけたらと思います。
僕は巻末コーナーの 「銀座あれこれ」 を書かせてもらっていますが、今回載せたい内容が盛りだくさんのためページ数の都合で連載のピンチなのです。(汗)

こちらも皆様からのあたたかい一言をいただけると私のコーナーの存続がぐっと近づきますので(笑)重ねてよろしくお願いします!

祝開院 ひだまりファミリー歯科医院 健康タワー分院

院長です。

大学院時代の後輩が新たに千葉県八千代台に診療所(ひだまりファミリー歯科医院 健康タワー分院)を開院しました。

診療は明日から開始なのですが、昨日、今日と事前の内覧会となっており、長男を連れてお祝いに行ってきました。
その後輩とは以前大山歯科にも勤務し、一緒に診療をしていた土井先生です。
今では千葉県八千代市で医療法人の理事長として医院を経営し、これで3つ目となります!
バイタリティのある土井先生のパワーに吸い寄せられたのか、返ってきたウルトラマンもお祝いに駆けつけていました!

これをみて、私は大喜び! 一緒についてきた6年生になる長男は引いていましたが・・・
嫌がる息子とウルトラマンの写真を 撮った後、私はにんまり撮影です!

これは子ども好きな土井先生が、地域の子供たちへのプレゼントとして準備したものです。
昨日はプリキュアのキャラクターが来ていたそうです。さすがですね。
内覧会には大勢の方がいらしており、近隣の方々にとても期待されているのでしょう。
土井先生のお母様もいらしていて、ご親切に案内していただき、ありがとうございました。
キッズルームやエレベーター、その他さまざまな患者様サービスに徹していて素晴らしい診療所となっていました。

土井先生頑張って下さいね。

ますますのご発展、期待しております!

今年も歯科理工学 総合実習始まりました

院長です

今年も恒例の 東京歯科大学 歯科理工学講座 総合実習が始まりました。

歯科理工学とは歯科材料の開発、研究そして教育を行う講座です。
様々な歯科用材料の性質を学生たちの手で自由に調べていくのがこの総合実習です。

これから夏休みをはさんで、5週間にわたり非常勤講師としての学生指導となります。
その間、私は診療をお休みさせていただき、患者様にはご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

今は千葉校舎で行われていますが、2年後ぐらいには水道橋校舎が新しくできて移転が始まります。
こんな広々と良い環境で行えるのもあとわずかでしょうか。


3~4名程度のグループにわかれ、各項目の中で自由に課題を決め、初日は実験計画を立てていきます。

私の担当は昨年に引き続き、 「陶材(歯科用セラミックス)」 です。
やはり一番人気の材料は 「ジルコニア」
ジルコニアは金属に代わる材料として臨床でも多く使われるようになっていますが、また新しい材料のため教科書にも殆ど載っておらず、学生たちは、自分たちの手でどのようなものなのかを調べてみたいと、興味津津なのでしょう。

来週から試料の作成に入り、本格的になります。

また新しい知見が出てくることを私も楽しみにしています。

東京歯科大学 臨床歯科理工学講義

院長です。

今年も恒例の 東京歯科大学 歯科理工学講座 臨床歯科理工学講義 を行ってきました。

対象は大学3年生です。
近年は国家試験の合格率を上げることに大学教育のカリキュラムが偏重しているため、3年生のこの段階で臨床的なことを 講義してもちょっとわかってもらえないかな・・・ と思いながらの講義です。


本学はお陰さまで、私立大学では何年も連続で合格率トップを誇っていますので、嬉しいことなのですが、座学の勉強ばかりになって臨床に出てから困ってしまわないようにしてもらいたいものです。
ここ数年私に与えられているテーマは、 「審美修復材料とオールセラミックス」 ですので、日頃の臨床で使用している最新のマテリアルから、私の信条である、「8020を目指す 審美歯科」 について伝えたく、準備してきました。
一時のきれいさを求めるのではなく、80歳を過ぎても20本以上の歯をもって、おいしく、楽しく、きれいな口元で、素晴らしい笑顔でいていただけるよう、常に考えた審美歯科であるようにと願っています。
280枚のスライドを一気に駆け抜けました。
ちょっとわかりづらかったかな・・・

いつものことですが、少しでもこれからの学生生活で歯科材料、臨床に対する興味を深めることの刺激になれば、と思っていますが、どうだったでしょうか。
講義終了後のレポートを見るのが楽しみです。

来週から、歯科理工学総合実習が始まります。
講義終了後早くも 総合実習のテーマについて、どのようなデザインで研究を進めたらよいか質問してくる学生がいました。
大学では、学生からも様々な刺激を受け、講師の私達が勉強させられる場面が良くあります。
診療を休んで、患者様にはご迷惑をおかけしますが、私も十分勉強をしてまいりますので、よろしくお願いいたします。